第10回よなご映像フェスティバル
第10回よなご映像フェスティバル
  • Posted:
  • 2017.10.15
  • Comments:

    Comments

第10回よなご映像フェスティバルは、
10月28日(土)・29日(日)の2日間、米子コンベンションセンター小ホールで開催されます。

 

10月28日(土)14時~ 

《レトロスペクティブ・よなご映像フェス》

過去のフェス参加作品数百本から厳選された傑作・問題作を上映。Aプログラム・実写作品、Bプログラム・アニメーション作品、Cプログラム・映像フェスから生まれた助成・協力作品

 

19時~

《鳥取出身、3人の若手映画人》

鳥取県出身、東京や地元で創作を続ける3人の活動を伝えます。

○田崎恵美監督(智頭町)

『アンナと二階の部屋』(2009年・15分)第32回ぴあフィルムフェスティバル エンターテイメント賞&企画賞
『ふたつのウーテル』(2010年・15分)第64回目カンヌ国際映画祭 短編部門ノミネート

 

○波田野州平監督(倉吉市)

『影の由来』(2016年・27分)

 

○汐田海平プロデューサー(米子市)

『鳥取冬日和』(2017年・15分)
他1本予定

上映後、波田野監督+汐田プロデューサーによるトークあり。

 

10月29日(日)13時~

《レクチャー上映・創作のヒント》

ゲスト審査員のお一人、演出家・映像作家の萩原朔美さんに、自作の上映と併せてお話しいただきます。
『ポストの話』(2007年・15分)
『総ては本』(2011年・14分)
『目の中の水』(2012年・13分)
これ以外にも作品を用意、観客が少しでも飽きたな、と思ったらすぐに映像を差し替え!DJ のようなマシンガントークに乞うご期待!

 

15時~

《一般公募作品上映》

全国から集まったバラエティに富んだ映像作品。
一次審査を通過した24本を一挙上映

ゲスト審査員
かわなかのぶひろ(映像作家)・萩原朔美(演出家・映像作家)

 

18時~

《審査発表・表彰式》

 

 

プログラムパンフレットのダウンロードはこちら

1 / 11